看護師の定年とその後選べる道

看護師にももちろん定年は存在していますが、その年齢がいくつになるのかは、勤務先によって違います。
民間施設と公的施設に大別できますが、基本的に公的施設なら60歳であることが多いです。

民間施設は就業規則によって違いますが、だいたい65歳に設定しているところが多くなっていますね。
ただ、資格は定年後も消えてなくなってしまうものではありません。
ですから働こうと思えば、その後もまた働き始めることは十分可能なのです。
しかし、体力も落ちてきますし、集中力も続かなくなってきます。
人によっては手の震えなどが激しくなってしまうこともあるでしょう。
シビアな現場での仕事はやめておいた方がいいかもしれません。
年齢が上がってきたら、介護施設への転職をするなり、終末医療に関わるなり、最適な場所への移動が欠かせません。
今までの経験を活かして、後進の指導にあたるという道も悪くはないでしょう。
相談業務に従事するというのも一つの手かもしれません。
もちろん、ゆっくりと老後を過ごすのもありです。

選択肢は複数ありますから、健康状態や経済状況を鑑みてベストなものを選ぶといいでしょう。
看護師は、給料も高かったはずですし、きちんと厚生年金にも加入をさせてもらえていたはずです。
年金はそれなりの額がもらえることでしょうし、無理をして働く必要性は薄いかもしれません。
あまり無理をしすぎると、今度は自分が病院のお世話にならなければならなくなります。
自分の過ごしやすいやり方で、定年後の道は決めましょう。