Tag Archives: 終末医療

 

定年後でも消えることがない看護師資格

看護師の資格は、定年になったからといって消えてなくなってしまうものではありません。
60歳や65歳を定年としている病院が多いのは事実ですが、その病院を辞めた後でも、もちろん看護師として働いていくことは可能なのです。
確かに、年齢から来る体力の衰えや判断力の衰えが、時に大きな医療ミスに繋がってしまうことはあるでしょう。
ですから、多くの病院では採用を断られてしまいます。
それでも、危険性の少ない業務であれば、年齢を重ねてからでもすることはできるのです。

具体的に例を挙げれば、後進の指導に当たる仕事などがありますね。
長年の経験を若い人たちに教える仕事なら、65歳を過ぎていても十分にこなしていくことができるはずです。
たとえば医療系の専門学校で講師をするのもいいでしょう。
大学で教えるのもいいですし、セミナー等で経験を若い人たちに伝えるのもありです。
これなら危険性は低いですし、年齢の高さや経験を武器にできます。
病院に採用がされなくても、定年後に働いていくことは十分可能なのです。
(参考文献掲載サイト:http://xn--eutx2a252au8fiobp6evz5c.net)

近年は、終末医療に関しても注目度が高まっています。
終末医療の現場では、さほどシビアな看護技術が求められることも少ないですから、こうした場所で働くことも視野に入れられるかもしれません。
介護施設でも働ける場合があるので調べてみるといいでしょう。
資格は一生ものですから、それを有効活用していけば、リタイアをした後お金に困ってしまうことも少なくなるはずです。